【若い人に知って欲しい】いわき駅前に大手チェーン店が立地しない理由を分かりやすく解説

こんにちは。サイトの運営管理している代表のkeenです^ ^

ポールシフトでは、水戸から仙台エリアにかけての街の魅力・情報を発信しています♪

現在は資金がなく拠点がないためネット上を中心に活動していますが、近々、拠点を設けてまちづくりを行っていきたいと考えていますので、応援して頂ければ嬉しいです♪→サイトのブックマーク登録&インスタフォローをお願いします☆ エンジェル投資家さんも随時募集しています♪

それでは、今回は「なぜ、いわき駅前に大手チェーン店が立地しないのか」を分かりやすく解説します。

いわき市は実質30万人都市ではない

*いわき駅周辺

店舗や飲食店の立地には、周辺人口と周辺人口密度が非常に重要となります。

例えばロードサイド型ではないコンビニが立地するためには周辺人口に4,000人以上(半径500m)必要とされています。オフィス街であれば、昼間の人口、住宅街であれば夜間時間がポイントです。

つまり、人口密度がとってもとっても重要なんです!
※なお、人口密度には昼間と夜間があります。昼間は就業・就学人口。夜間は居住人口です。

いわき市の現状を知ると、何故いわき駅前に自分達が望む店舗や飲食店が立地しないのかが分かります。

過去に小規模都市同士が合併したため、実質的に3〜10万人都市のよせ集まりです。
人口集中地区のエリアも一拠点型の郡山市や福島市、水戸市などと異なり分散しています。

いわき駅がある平市街地の人口は実質的に会津若松市と大差ありません・・・
*会津若松市の人口集中地区人口約8万人、密度:52人/ha

*福島県内の人口集中地区(平成27年国勢調査)、出典:総務省

その上、都市間の距離が離れているため、一つの経済圏(一体的な人口と人口密度)が構築されていない。かつ、過度に自家用車に依存している(平成22年国勢調査結果では中核市中トップ)。

このため、いわき市は、自家用車利用を前提とした都市が形成されています。

そのことを反映する典型的な事例としては、平ー小名浜を結ぶ県道沿いに立地する商業施設です。

ロードサイド型の店舗が立地していますが、これは、過度な自家用車依存のため自動車交通量をターゲットにしています(つまり、施設立地に人口密度はほぼ関係ありません)。

地価の低い郊外で駐車場付きの店舗を低コストで運営できることから、沿道に立地しています。
*沿道沿いの人口密度は極端に低いです。

いわき市も人口が50万都市クラスまで成長していれば、いわき駅前にも多くの飲食店・店舗が立地していたでしょうけど、現実は、市街地が拡散した(下表参照)だけで、人口密度を低下させただけです。

今から50年前は64人/haだったのが現在は37人/haまで減少しています。

Chart by Visualizer

*いわき市人口集中地区人口密度の推移

昭和45年(1970年)の人口は約32万人、現在の人口も約33万人です。人口は変わらず店舗や飲食店の立地に必要な一定の人口密度(市街地)が分散した典型例です。
*多くの地方都市でいわき市と同様な状態です。

とはいえ、昭和40年代から平成初期頃までは、戸建て住宅や車を所有することを誰もが理想した時代なので、郊外に市街地が拡散したことは、やむを得なかったとするのも間違いではないです。

だって、人口はこれからも伸びるぞ〜〜!って誰もが疑っていなかったですからね。

・・・ですけど、想以上に人口が増加しないと分かった段階で都市のコンパクト化にシフトしなかったことは悔やまれるところです。

人口密度が低いということは、車に依存している割合が高いということが分かっていますので、低いだけ非効率な経済圏が成立しています。

つまり、駐車スペースが無いと駅前に立地できないということ。

車一台に一人しか乗っていないのに、人の何倍も都市を占有する乗り物です。便利な分、実質的に不便な都市になってしまったのは否定できないです・・・泣

駅前での立地は困難

*いわき駅

駅前の方が郊外よりも地価が高いため、駅前で立地させるためには人口・密度が絶対的に必要です。人口と密度を覆すには個店の魅力が高いか、居酒屋のように駅前で飲むことによるメリットがない限りは無理ゲーなのです。

わざわざ、地価が高い割に人口が少ない地域で飲食店や店舗を経営する人は少ないのが当たり前です。

ですので、これからわたし達が出来ること。

それは、現時点においては少し痛みが伴いますが住み替えのタイミングで人口集中地区(まちなか)への移住です。駅前に何もない車が無いと生活が出来ないとする当たり前を覆すにはまちなかの密度を高めていくしか方法はないです。

このまま人口密度の低下が続けば、本当に車が無いと生活が出来ない街が完成しちゃいますので、その前に駅前で消費を促す仕組みを全員で考えていく必要があります。

今回はこれで終わります。
反応が良ければ次回も都市計画に関する記事を書きたいと思います。
*今回はいわき市にしましたが、水戸や日立でも書きたいと思います♪

それではまた会いましょう〜!

>>関連記事
【若い人に聞いて欲しい】人口が減少していく中で、わたし達ができること。