メッセージ

「Urban Pole Shift」の代表のMitsuru Katayamaです。

『Pole Shift』は、本来、数万年から数十万年に一度、発生する地球のN極とS極の反転のことをいいます。

私がチーム名を「Urban Pole Shift」と名づけたのは、これまでの”都市づくり”のあり方を根底からシフトチェンジする必要があると考えたからです。

戦後、これまで行ってきた従来のまちづくりや都市計画はすでに限界を迎えていて、どこの地方都市でも人口減少と超高齢社会に起因する様々な都市づくりの課題に直面しています。

例えば、中心市街地は空き店舗や空き地の大量発生、過度に自家用車に依存した都市構造の形成など、徒歩や自転車、公共交通を利用した生活を送ることは困難になっています。

このこと以外にも都市を取り巻く環境は日々変化し、一つ課題を解決してもすぐに複雑な複数の課題が発生するような難しい時代になっています。

おそらく、従来の手法(都市計画的様々なツール)では、現在抱えている課題や迫り来る課題一つ一つに対処していく方法では対処が遅くなることにより、暮らし難い不便な地域が大量に発生、人の人生における幸福度は下がっていく一方だと考えます。

当然、一つ一つ課題を解決していく姿勢は大切だと思います。しかしながら、急速に進む都市の変化に対応していくためには、従来にはない発想で、”都市づくり”を進め、まずは経済的に豊になる必要があると思います。

一度きりの人生です。せめて、生涯生活する”まち”は生きている人の味方であって欲しいと考えています。

繰り返しにはなりますが、これまでには無い発想で”都市づくり”を行い、従来の都市づくりに対する意識・マインドの軸を変える(反転させる)ことで、地域にこれまでには無かった”モノ”を生み出そうとするのが、わたし達チームの目的です。

水戸市周辺からいわき市周辺までの美しい都市をこれまで以上に磨きをかけて後世に残していきます。

>>もっと、知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
「なぜ、水戸からいわき地域はフロンティアなのか?」わたしの考えを伝えます【No.Ⅰ】