【いわき市植田(勿来地区)】絶品コーヒーが飲めるコーヒースタンド「bo-shi coffee(ぼうしコーヒー)」さんを紹介

こんにちは!ポールシフトメンバーのsaraです^^

このサイトでは、水戸から仙台エリアにかけての街の魅力・情報を発信しています。

現在は拠点がないためネット上を中心に活動していますが、近々、拠点を設けてまちづくりを行っていきたいと考えていますので、応援いただければ嬉しいです! ぜひサイトのブックマーク登録&インスタフォローをお願いします☆ エンジェル投資家さんも随時募集しています♪

今回は、いわき市「植田駅」の目の前にあるコーヒースタンド「bo-shi coffee」さんを紹介していきたいと思います。

bo-shi coffee(ぼうしコーヒー)

概要

いわき市の植田駅を降りて真正面に位置してます。

ここはいつも店内にお客様がいらっしゃいます。お客様も本当にさまざまな年代の方がいらっしゃって、老若男女に愛されていることがわかります。

メニュー

コーヒー豆は、様々な種類を豊富に揃えており、お好みのコーヒー豆を探している方がいらっしゃったら、ぜひ訪れてほしいですね。

さらに、自分の好きな豆で、その場でコーヒーがいただけるという、コーヒー好きにはたまらんコーヒー屋さんでしょう。

ちなみに揃えてらっしゃるコーヒー豆のメニューはこちら。

豆単体を購入も可能です。

ドリップコーヒーも1パックごとに販売もされているので、気になる方はそちらから購入してみるのもいいですね!

先にコーヒー豆メニューから紹介しましたが、続いては、ドリンクメニューを紹介します。

先ほどのコーヒー豆メニューは、豆を購入される方、または、ドリンクメニューですと、「ハンドドリップコーヒー」「エアロプレスコーヒー」の場合、選択できる形です。

それでは、注文した商品をレビューしていきます。

エアロプレスコーヒー

エアロプレスとは、空気圧を使って抽出する方法です。ハンドドリップとは抽出方法が違うというところですね。

肝心の味については、飲み比べをしようということで、ハンドドリップコーヒーとエアロプレスコーヒーの両方を購入してみました。

・・・聞いてください、全然違うんですよ。

芳醇なアロマの香りがですね、口に入れる前からなんですけど、すごい。そして、コーヒーを口に含み、さらに飲み込んだ後の鼻に通るコーヒーの香りがですね、もうね、格段に違うんです。

ぜひコーヒー好きの方には、飲んでいただきたい一品ですね。

インターネットで検索したらところ、エアロプレス関して詳しく記事にされていたので、サイトリンクを貼っておきます。
*エアロプレスを開発された方って”おもちゃのエアロビー”です(笑)

カフェ・ラテ

エスプレッソ+ミルクのカフェ・ラテ。

砂糖不使用です。ミルクのみのため、甘さ控えめ。

・・・私、気づきました。それができるのは、エスプレッソとミルクそれぞれが本当に美味しくないとできないんですよ。

何がいいたいかって、本当に美味しい。鼻から抜ける、ミルクに包まれたコーヒーに香りに、優しさを感じます。

さらに、温度もですね、優しいんですよ。すぐ飲んでも、熱っ!ってならないんですよ。温度すら優しいのです(笑)

甘いものが苦手な方も、このカフェラテは好きになるのではないかと思える美味しさでした。

美味しいカフェラテここにあり。

アフォガード

最後はこちら、アフォガード。

エスプレッソ+クレミアソフトです。

エスプレッソのダイレクトな豆の味、苦味、クレミアソフトの濃厚なミルクの甘みが、濃厚に混ざり合い、抜群に美味しいです!!

そして、エスプレッソのあっつあつと、クレミアソフトの冷たさが、口に入る時に、ちょうど良い温度感になるんですよ。

食べた後の爽やかなコーヒーの酸味がクセになり、どんどん進んでしまいます。

でもじっくり味わっていたくもなる・・・

「まだ口の中にいてほしいけど、ソフトが溶けきっちゃうから早く食べないと・・・!」という、あざとい商品です(笑)

味わいも温度感も、ばちばちに相反しているのに、組み合わさるとこんなにも最強になるのかと驚かされました。

コーヒー好きにも、コーヒー普通好きにも、これは是非とも食べてほしい一品!

これリピート確定です。(私は何度もリピートしてます)

まとめ

「コーヒーがお好きな方」「コーヒー好きになり始めた」「コーヒー好きになりたい」

そんな方に、ぜひ行ってほしいお店です。自分のコーヒー好きレベルに合わせて商品が選べるのも魅力的なところです。

ということで、今回は絶品コーヒーがいただけるコーヒー屋さん「bo-shi coffee」さんの紹介でした。

それではまた〜〜

最後に

この記事はステマではありません。わたし達が直接お店に伺い、感じたことをそのままレビューしています。

仙台から水戸のエリアにかけて、うちの商品も食べて!と言ったお話があれば、ぜひご連絡ください。

取材させていただき、お店の魅力を全面的に発信させていただきます。