【いわき市平】いわきのお土産として個人的に好きなもの→「カステラ」

どうも、まちスタです。

普段、いわき市のお土産というとどういったものをイメージしますか?

「食」に焦点をあてると、やはり目光やウニの貝焼きをはじめとする海産物でしたり、水耕栽培のトマトや季節によっては梨などの農作物、さらには日本酒だったりするのかなと思います。

私自身の場合は、前職時代の友人や知人に「食」に関していわき市のお土産を紹介するとなれば、やはり「海産物」一択になりますかね。いわきといえば浜・海、そして海産物と言ったイメージが強いです。

とはいえ、住んでいると意外と気づかないのですが、いわきに来たらこれをお土産にとする”これ”のブランドイメージがめちゃくちゃ強いものが無いというのが弱点だったりします。

ある意味、いわき市内の各地区が観光業に力を入れて頑張っているので競争が働くからこそなのですが、一番のものが登場しないといった状況にあるのは確かではあると考えています。

それはさておき今回紹介するのは、いわき駅前で購入することができる「カステラ」です。

個人的には、いわき市平地区で喜ばれるお土産のうち菓子となれば「太平桜」さんの「カステラ(正式名称:献上粕てい羅)」かなと思います。他にも和菓子専門店さんはありますが、好みが分かれると思います。

ただし、カステラは苦手という方、聞いたことないですよね。

江戸時代中期から後半にかけて、いわき市平地区を拠点としていた磐城平藩の安藤家に献上されていたカステラを再現させたものなのですが、包装用紙には磐城平城が描かれるなど、カステラという歴史ある菓子と磐城平という歴史をミックスさせているのが特徴的で「いわき市平」で購入したものと一目で分かります。

保存料が使われていないようで賞味期限が比較的短いのですが、江戸時代からの味を堪能できますし、何より伝統的な菓子なので、カステラといえば長崎というイメージを良い意味で変えてくれるのではと思いますね。

何より、甘すぎず、ふんわりとした食感が誰にでも好まれると思うところです。いわき駅から近いのでビジネスや観光での帰りに購入してみてはいかがでしょうか。

  • 場所:いわき市平三町目20−1(いわき駅前徒歩1〜2分)
  • 営業時間:8:00〜18:00
  • 公式ぺーじ:http://www.lapalette.bz/index.html

ということで今回はいわき駅前で購入できる「献上粕てい羅」の紹介でした。
*今回も非ステマ記事のため紹介料等は頂いておりません。