【1日限定10食】道の駅よつくら(いわき市四倉町)で海鮮系を食べるなら”ホッキ貝”

どうも〜。まちスタです。

こちらのページをお開き頂きありがとうございます。

この記事では、福島県いわき市観光に来たら食べておいた方がいい「いわきご飯」を紹介しています。
*基本的にステルスマーケティング(ステマ)は行っていないので、私個人の感想で書いています。

当サイトでは”まち”の稼ぐ力を伸ばすために、水戸から仙台エリアにかけての街の魅力や情報を発信しています。現在はWEBを中心に活動していますが、いずれ拠点を設けてまちづくりを行っていきたいと考えていますので、応援して頂ければ嬉しいです♪→サイトのブックマーク登録&Twitterフォローをお願いします。

冬が旬の生のホッキ貝が食べられる定食

その名も「ホッキづくし定食(税込1,000円)」です。

ほっき貝といえば、冬が旬です。この秋ごろから冬にかけて次第に寒くなってくると、貝の実が引き締まってしき、肉厚でかつ旨味の詰まったこの時期にしか頂けない食感を楽しめます。

こちらのホッキ貝定食としては、ホッキ貝の刺身とホッキ飯なのですが、個人的にはホッキ貝の刺身が最高です。

貝好きの方であれば、肉厚のぷりぷりとした食感に感動するんじゃないかなーって思います。

ただし、1日限定10食のため、土日祝だと昼前には売れ切れてしまうことがあります。

わたしも道の駅よつくらには何度か足を運んだことがあるのですが、いずれも売り切れ(昼ごろに道の駅に到着)となってました・・・

10時開店なので、朝ごはんを抜きにして来店される方が注文されるのかもしれないですね。

土日祝ですと11時頃には、それなりに広い席がほぼ満席になってしまうので、この記事を読まれてなんとかして食べたいと考えている方は、できる限り早い時間帯に来店されることをお勧めします。

それにしても、冬の味覚である「ほっき貝」を安く頂けるのは「いわき市」の特権なのかもしれないですね。というのも、東京からの観光客で溢れかえる那珂湊(ひたちなか)であれば、このような値段で新鮮なホッキ貝を頂くのは難しいんじゃないかなと思います。

その上、観光地化されている常磐湯本や小名浜から10km以上離れている四倉はいわき市観光でも穴場的なスポットだと思います。駅から徒歩で10分程度で海岸に出れて、海岸を散歩しながら道の駅に到着できるのも魅力的だと思います。

ちなみに、1日限定10食が売り切れだった〜(泣)となっても新鮮な海鮮丼が1,000円で食べられるという、とても親切な値段設定な上に、今やご当地グルメとなったソースカツなども頂けます。

こちらに参考記事を貼っておくので、参考にしていただければと思います。

>>>【いわき市四倉町】「道の駅よつくら港」で食べられるミックスソースカツ丼と海鮮丼を食べないと損(内部リンク)

それではまた〜〜。