【草野駅】ブルーマグコーヒーさんは駅近でゆったりと過ごせる空間

この記事では、福島県いわき市のブルーマグコーヒーさんに男一人で行ってみたので、その感想を書いています。Wi-Fiの有無、おすすめの商品、決済方法などについて書いていますので参考にして頂ければ幸いです。

いつも当サイト(UPS)をご覧いただきありがとうございます。

当サイトでは”まち”の稼ぐ力を伸ばすために、水戸から仙台エリアにかけての街の魅力や情報を発信しています。

現在はWEBを中心に活動していますが、近々、拠点を設けてまちづくりを行っていきたいと考えていますので、応援して頂ければ嬉しいです♪→サイトのブックマーク登録&インスタフォローをお願いします☆エンジェル投資家さんも随時募集しています♪

ブルーマグコーヒーへのアクセス方法

いわき市にお住まいの方は、自家用車利用が多いと思いますが、私のような自転車・徒歩が好きという方にはアクセスしやすい位置にあります。というのもJR常磐線草野駅から徒歩で5〜6分程度です。

道のりにしてたったの600m程度。ですので、自家用車を利用しない方や学生にとっては比較的アクセスしやすいのかなと思います。車でしかアクセス出来ないような場所にあるカフェよりも数倍もいいですね。

なお、自家用車の駐車場が数台ありますので、自家用車でも問題ありません。

ちなみに車信者からよく言われるのは、「本数の少ない電車の時間に合わせて行動しないといけないから不便!」ということば。そう言いたい気持ちは分かりますが、カフェでゆったりするくらいの時間調整はできますから、車ばかり利用せず、健康の為にも歩いてみたらいいんじゃないですかね。と思うところ。

ブルーマグさんのいいところ

*トーストプレート670円(税込)+コーヒー470円(税込)

結構雨の強い日に来店したのですが、スタッフさんが親切で雨の嫌な気分が無くなりましたよ。それにとてもお美しい方ばかりで、男一人で行くのが申し訳ないくらい。

もちろん、コーヒーも美味しかったですけど、何よりも美味しかったのは「カヌレ」と「全粒粉スコーン」ですね。

*カヌレと全粒粉スコーンは写真を撮るのを忘れ食べてしまいました(笑)すみません。
ぜひ、来店して食べてみてください。

はじめて食べたのですが、カヌレとはフランスの伝統的な焼き菓子のことらしいですね。 正式には「カヌレ・ド・ボルドー」という名前らしいです。 フランス語でカヌレ(Cannelé)は「溝の付いた」という意味だそうです。

カヌレで画像検索をかけてみると、よーく分かります。

表面はサクサクなのに中はしっとりプリンみたいな弾力で本物の洋菓子とはこういったものかと勉強になりました。

また、全粒粉スコーンも甘過ぎず、これもサクサクとしてコーヒーとの相性がバッチリ。甘いのが嫌いな男性にもおすすめできると思いました。本当に美味しかったですよ。

2〜3時間ほど滞在したのですが、その間に多くの方がテイクアウトとして何個も購入されていきましたね。

贈答品や差し入れとしても大変喜ばれるから皆さん買っているのかなと思います。

その他

カフェ内は木質化がされていて、落ち着ける空間が整っている上に建築的にも綺麗だと思います。いわき市内でも建築にこだわったカフェが少ない中では貴重だと思います。

電源コンセントはカウンター席にありますが、見たところテーブル席にはありませんでしたので、カフェ内で仕事をしたい方はモバイルバッテリーは必須です。

更に、Wi-Fiはありませんでしたので、モバイルWi-Fiかテザリングが必須です。なお、決済方法は電子決済が可能(QUICPayなど)でしたので、現金を出す必要がないのは便利です。

平日の午前中はそこまで混んでありませんでしたので、一人でもゆったりと過ごすことができますから、平日の日中にゆっくりしたいという方にもいいかも。なお、調べてみると土日は相当混むようですので、仕事をしたい方は土日・祝日を避けた方が良いと思います。


ということで以上となります。参考になりましたら幸いです。