【いわきで食する白河ラーメン】「いまの家分ten」さんのラーメンの感想

この記事では、いわき市で人気の白河ラーメン”いまの家分ten”さんのラーメンをレビューしています。

こんにちは。PoleShitIwakiのKeenです^ ^

こんにちは^ ^ 当サイト(ぽーるしふと)では、水戸から仙台エリアにかけてのフロンティア地域(管理人が勝手に思っている)の魅力を発信しています。

それでは感想です♪

いまの家分-ten-

*中華そば、メンマトッピング

「いまの家」さんとは白河ラーメンの本場白河でも有名ですよね。

そのお店の分店があったのが現在の「いまの家分-ten-」さんです。

以前は、「いまの家分店」でしたが、御亭主が亡くなり、いわき市平で「いまの家分店」で修行され”-ten-”として白河ラーメンをオープンされていた御亭主の息子さんがその意思を引き継いで再オープンしたがのが現在の「いまの家分-ten-」さんです。

以前の「いまの家分店」さんと同じく、伝統的な白河ラーメン(手打ちの多加水縮れ麺、鶏ガラ醤油など)となっており、あっさりと仕上げられているので、白河特有の濃さはそこまで感じないです。

なんと言っても朝4時から仕込まれている手打ち麺がツルツルで絶妙な縮れ加減でスープに絡んで、誰もが美味しいと感じると思います。少し物足りないという方は大盛りやチャーシュー麺にすればOK

なお、本命の「中華そば」以外に「支那そば」と「味噌」がありますが、初来店の場合には「中華そば」が良いと思います。スープには、名古屋コーチン、薩摩地鶏、伊達鶏といった高級食材が使われているらしい♪

開店は11時からですので、おすすめは開店の15分くらい前かなと思います。この時間をこえると混みっぱなしになるので、待ち時間が長くなる傾向にあります。車の場合には駐車場が限りがあるので注意が必要です。

とはいえ、路線バスを利用すると、ちょっと遠いかな思います。
(路線バスを利用したアクセスは次項をご覧ください)

公共交通を利用したアクセス方法

路線バスを利用する場合、いわき駅からは便数の多い内郷・湯本駅方面(医療センター方面)のバスに乗車し、「磐城一高」バス停で降車します。このバス停から徒歩で10分ちょっと(約1km)で着きます。

バス運賃は170円(記事執筆時点)なので、往復340円です。
路線バスは、Suica非対応なので、現金払いが嫌いな方はセブンイレブンで1,000円のバスカードの購入しましょう。

少し歩くくらいが健康的で美味しくラーメンを頂くことができると信じているので、絶対的に歩きがおすすめです。

それでは以上となります。

水戸からいわき市のラーメン屋さんで、うちの方がめっちゃうまいラーメンを提供している!ということはご連絡ください。取材させていただいて魅力を全面に伝える記事を書きたいと思います!!(もちろん無料です。)